大木

2016年2月 8日 月曜日

PARIS ~食事編~

続いてお食事編行きまーす。

世界三大料理の一つのフランス料理。
とっても美味しかったし、美しかったです!





これは鯖とネギを焼いたもので、
鯖はたたきの様にかなりレアな焼き具合なんです(゜o゜)






ラム肉も柔らかくてめちゃくちゃ美味しいんです(;_:)♡



朝はマルシェ(市場)へ。



パリ市内では至る所で、それぞれ決まった曜日にマルシェが開かれているんです!

野菜や果物、魚、肉、チーズ、パン、花、衣類なんかも売ってます。




キノコ屋さん。
マッシュルームだけでも何種類もあったり、かなり種類豊富。



海鮮。



チーズも何十種類も(゜o゜)
量り売りしてくれます。



お肉屋さんではチキンを丸ごと焼いていて、
出た油で必ずポテトを焼くんです!



クレープ屋さんでは甘いクレープは小麦粉の生地で、
食事系の甘くないものは蕎麦粉の、いわゆるガレットで作ってくれます。

できたておいし~い!


フランスではレストランの食材も、朝直接マルシェに行って買うんだそう!



パリでよく見かけた「ファラフェル」という食べ物。

もとは中東の食べ物で、ひよこ豆などの豆類で作ったコロッケのことをファラフェルといい、
これを野菜と一緒にピタパンに挟んで、ソースをかけて食べるのが一般的だそうです。

お店もたくさんあって、おすすめされた「mi-va-mi」へ。



平日でも並んでます!

これがファラフェル。



かなりボリューミー。

ソースがスパイシーでおいしい!!



そして1月のフランスのお菓子といえば、ガレット・デ・ロワ。




手前のがスタンダードなもので、アーモンドクリームが入ったパイ。

奥はブリオッシュのパンの様なガレット・デ・ロワ。
ドライフルーツが練り込まれたデニッシュ生地で、上にも飾りのフルーツ。


年明けから1月いっぱい食べるらしく、街中のパン屋さんやお菓子屋さんで売られています。

パイの方には中にフェーヴと呼ばれる陶器の小さい人形が1つだけ入っていて、
切り分けて食べて、フェーヴが当たった人は王冠をかぶり、
祝福を受けて1年間幸福が継続すると言われているそうです。

これがフェーヴ。


お店によっても色んな形のものがあって、集めている人も多いそう。

1月中毎日のように食べて楽しむそうです、、すごい、、。




ちなみに、momoにお土産で帰国ギリギリで買って帰ったバケットは
社長がサンドイッチにしてくれてみんなで食べました♡





Stylist :  大木 愛

☎03-5467-3900
 

投稿者 Oki Akira | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Opening Hours平日・・・・11:00~21:00※最終受付カラー・パーマ...19:00
カット...20:00
土日祝・・・10:00~19:00※最終受付カラー・パーマ...17:00
カット...18:00
Close火曜日Address〒150-0001
住所:東京都渋谷区神宮前6-13-1 原宿川名ビル3F
StationJR原宿駅 徒歩8分
地下鉄表参道駅 徒歩8分
地下鉄明治神宮前 徒歩3分
03-5467-3900

詳しくはこちら